IMG_9337
別記事を書くと言ってから約半年、やっと新記事を投稿しました(^^;)
子年ということで編んだちゅーべぇについて、色々語りたいと思います!

パターン:オリジナル
使用糸:あむころ
使用針:アミュレ10号
サイズ:全長約25cm
製作期間:一週間くらい

IMG_9338
今まで作ったあみぐるみの中で一番大きい作品になりました。耳の上まで約25cm。
でも糸が極太なので、一番簡単&早く完成しました(>∀<)!
使った糸はダイソーのあむころ、全部で4玉くらいです。かぎ針10号で一週間かからず編めたかな?
目と鼻もダイソーで購入。綿とかぎ針は手持ちでしたが、1からダイソーで揃えてもなんと材料費700円でできちゃいます!(目と鼻はセットで100円でした)

IMG_9340
ネズミのしっぽといえばクルッとしてるイメージ。
ちゅーべぇのしっぽも自然とクルッとするように工夫してみました。
そしてここまで見たら気づく人もいるかも知れませんが、ちゅーべぇの最大のポイントは「段の立ち上がりが無い」ことです!
これといったテクニックはなくて、単に立ち上がらない編み方でぐるぐる編んでいっただけですが(^_^;)
目数や段数も全部適当でライブで編んでいきました。私の人生のように行き当たりばったりに編みました。手、足、耳など左右対称のパーツだけメモをとってました。

そんなに頭も良くないし計算も苦手なくせに、編み物では(左右対称だからあっちやったらこっち…何目ごとに増やして…)とか頭でっかちに考えていました。
でもちゅーべぇを作り始めたとき、はじめての極太糸に目が慣れず何度やっても目数を忘れ…立ち上がりなしで編んでるのでどこが段の終わりかもわからなくなってきて、
もう知らん!っと吹っ切って、形を見ながら適当に編んだら意外とできちゃった、しかも楽しい!という結果に。
でもこのやり方、極太のもこもこ糸だからできた気がします。編地も増減した場所もある程度ごまかせるので、ピッコロなどの編みぐるみの定番糸でやると悲惨な見た目になりそう…(^_^;)

IMG_9936
大きく作ったのには理由があって、娘の相棒になってくれたらいいなーという想いがこもっています。
なので着せ替え用にセーターも作ってみました!せっかくなので棒針で!
が、着せてみたらボディラインが隠れてしまってなんだか野暮ったい印象に……(^_^;)

IMG_0137
単品で見るとこんな感じ。見やすいように明るく加工してます。
セーターなんか作ったこと無いくせに、本も見ずにこれまた行き当たりばったりw
裾から輪で編み始めて、前側の右肩、左肩、後ろ側の右肩、左肩、前後の肩を接ぎ合わせたら、襟首をゴム編みして肩から目を拾って袖を編みました。
拾い目とかも適当です。良いんだ、着るものじゃないし…おもちゃだし…正しさよりも完成を優先させました。

IMG_9926
特殊な体型をしてるので、着せ替えできるように後ろは割れてます。
そのうちマジックテープでもつけようかと思ってますが、予定は未定です(きっとやらない)
ちなみに足から着せ替えます。

ずっと苦手意識のあったあみぐるみですが、ちゅーべぇを通してどこでどう増減するとどんな形になるのか、なんとなくわかってきました。
しかしまだまだ課題はあって、パーツを編みつけるのが壊滅的に下手ということを再認識しました。゚(゚´∀`゚)゚。
ぐるぐる編みだと編み目が斜めっているのでなおさら難しい…
次のあみぐるみの課題はその辺りかなと思っています。